人に見られたら恥ずかしい脇汗の悩み

多汗症治療ボトックスなら「新宿御苑美容クリニック」に相談!

人前ですごくたくさんの汗をかいて恥ずかしい思いをしたことはありませんか。急いで電車に飛び乗った時、間に合って良かったと喜んだのも束の間、ワキから頭から滝のような汗が噴き出したとか。デートの時緊張で手から顔から汗が大量に滴り落ちて困ったとか。日常的に体験しているとしたら多汗症かも知れません。

 

多汗症とは?

気温が高かったり運動した時に身体の熱を下げるための生理現象として、人間は汗をかいて体温を調節します。
この生理現象とは別に、精神的な緊張や不安などによって交感神経の働きが活発になり、汗がたくさん出る状態を「多汗症」といいます。 手の平や足の裏、ワキの下、頭などに多く見られます。
多くの多汗症症状は普段の生活でも不便なことがあり、悩みは深刻です。

 

ボトックス注射とは?

「新宿御苑美容クリニック」では多汗症の治療にボトックス注射を実施しています。
多汗症はエクリン腺から出るサラサラ無臭の汗が多いことが原因です。ボトックス注射は患部にボトックスを注入することで、汗を分泌させるアセチルコリンという神経伝達物質を抑制して汗を減らします。手術と違って腫れや傷の心配がないことは大きなメリットです。施術の時間は15分前後。平均して6ヶ月間ほど効果が持続します。

 

夏の間だけ汗やニオイを抑えたくてボトックス注射をする方もいらっしゃるとか。半年間のストレスフリーは魅力ですね。繰り返し施術を行う場合は汗腺が徐々に萎縮していき効果が長くなるそうす。一度相談してみてはいかがですか。